【変わる!労働関係法―企業はいかに対応するか】第8回 労働契約申込みみなし⑥――承諾の自由 労働者へ選択権付与 申込み撤回には制限も/安西 愈

2015.08.24 【労働新聞】

外国制度と一線を画す

 10月1日から施行される労働契約申込みみなし制度は、派遣先・発注者が法所定の違法行為を行った場合には、その時点において当該労働者に直接雇用のために「労働契約の申込みをしたものとみなす」というもので、ここに同制度の特色があり、これはわが国独自の制度と考えられている。

 この点について、諸外国の例として民事制裁に関しては、次のようになっているようである。…

筆者:弁護士 安西 愈

この記事の全文は、読者専用サイトにてご覧いただけます。
読者専用サイトへログイン 読者専用サイトへはこちらからログインしてください。
※読者専用サイトは、定期刊行物(労働新聞または安全スタッフ)の購読者専用のサイトです。詳細・利用方法は、読者専用サイトのご案内をご覧ください。
掲載 : 労働新聞 平成27年8月24日第3030号4面

あわせて読みたい

ページトップ