【変わる!労働関係法―企業はいかに対応するか】第19回 改正労働者派遣法①――26業務廃止の経過措置 施行前の契約が対象 一部業務は期間制限なく/安西 愈

2015.11.16 【労働新聞】
  • TL
  • シェア
  • ツイート
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

契約の締結日で判断へ

 今年9月30日から施行された改正労働者派遣法(以下「新法」という)の適用をめぐって、新法による改正前の労働者派遣法(以下「旧法」という)に関する経過措置について、企業の担当者からよく質問を受ける。その中で多いのが、旧法下において、派遣期間の制限がなかったいわゆる政令26業務についての派遣期間にかかる経過措置はどうなるのかということである。…

筆者:弁護士 安西 愈

この記事の全文は、労働新聞電子版会員様のみご覧いただけます。

労働新聞電子版へログイン

労働新聞電子版は労働新聞購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

平成27年11月16日第3041号4面 掲載

あわせて読みたい

ページトップ