【変わる!労働関係法―企業はいかに対応するか】第2回 迫る無期転換制度 限定正社員推進を 働き方の二極化から脱却/安西 愈

2015.07.13 【労働新聞】
  • TL
  • シェア
  • ツイート
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

「対応未定」企業めだつ

 改正労働契約法による無期転換申込制度の実際の申込みがスタートする平成30(2018)年4月1日が、あと3年を切った時期になって、これに対する企業としての対応が迫ってきている。この制度は、従来の人事制度を大幅に変更するもので、就業規則の改正や人事体系をどう構築するかという重要な問題であって、企業内での検討や労使交渉等にも時間を要することが明らかであるにもかかわらず、他社はどうするのかとの模様眺めの企業が多いことが危惧されている。…

筆者:弁護士 安西 愈

この記事の全文は、労働新聞電子版会員様のみご覧いただけます。

労働新聞電子版へログイン

労働新聞電子版は労働新聞購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

平成27年7月13日第3024号4面 掲載

あわせて読みたい

ページトップ