【リアルタイム!労働関係法改正】第23回 労働者派遣法改正案⑧ 派遣元に説明義務 均衡待遇の配慮内容など/仁野 直樹

2014.12.15 【労働新聞】
  • TL
  • シェア
  • ツイート
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

許可取消しの対象に

 労働者派遣法改正案に関する解説の第8回目となる本号では、派遣労働者の均衡待遇・キャリアアップのための改正について取り上げる。なお、本号執筆時点において、衆議院が解散し、派遣法改正案は平成26年臨時国会においても成立せず廃案となった。翌年の国会で本改正案と同じ法案が提出される保証はないものの、本稿では、内閣提出の改正法案について引き続き解説していくこととしたい。

 今回の平成26年派遣法改正案における改正点の大きな柱は、①特定労働者派遣事業の廃止、②派遣受入期間制限の仕組みの刷新(事業所単位の制限と個人単位の制限の2本立て)、③派遣労働者の均等待遇およびキャリアアップの促進、である。…

筆者:石嵜・山中総合法律事務所 弁護士 仁野 直樹

この記事の全文は、労働新聞電子版会員様のみご覧いただけます。

労働新聞電子版へログイン

労働新聞電子版は労働新聞購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

平成26年12月15日第2997号4面 掲載

あわせて読みたい

ページトップ