【リアルタイム!労働関係法改正】第3回 男女雇用機会均等法② 直接差別の具体例追加 既婚女性に異なる定年も/加藤 彩

2014.07.21 【労働新聞】
  • TL
  • ツイート
  • シェア
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

  • コメント

性差別指針で規定

 今回は、前回に引き続き、「雇用の分野における男女の均等な機会及び待遇の確保等に関する法律」(以下、「均等法」)に関連する法律ないし指針の改正ないし制定の概要について紹介する。前回は、①均等法施行規則の改正による間接差別となり得る措置の範囲の拡大について説明したので、今回は、残りの②性差別指針の改正、③セクシュアル・ハラスメント(以下、「セクハラ」)指針の改正、④コース等別雇用管理についての指針の制定の概要について紹介することとしたい。…

筆者:石嵜・山中総合法律事務所 弁護士 加藤 彩

この記事の全文は、労働新聞電子版会員様のみご覧いただけます。

労働新聞電子版へログイン

労働新聞電子版は労働新聞購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

平成26年7月21日第2977号4面 掲載

あわせて読みたい

ページトップ