【リアルタイム!労働関係法改正】第16回 労働者派遣法改正案① 受入期間制限を見直し 業務による区別なくす/仁野 直樹

2014.10.27 【労働新聞】
  • TL
  • ツイート
  • シェア
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

  • コメント

派遣事業は拡大傾向

 今号より集中的に、労働者派遣法(派遣法)改正案に関する解説を行う。ただし同法の改正案は現時点で成立していないため、今後しばらくは、提出された法案を前提に議論をすることとなるので、ご容赦をいただきたい。

 派遣法の平成26年改正案は、今までの法の基本的な枠組みを抜本的に改定するもので、労使双方の関心が高いものとなっている。…

筆者:石嵜・山中総合法律事務所 弁護士 仁野 直樹

この記事の全文は、労働新聞電子版会員様のみご覧いただけます。

労働新聞電子版へログイン

労働新聞電子版は労働新聞購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

平成26年10月27日第2990号4面 掲載

あわせて読みたい

ページトップ