【リアルタイム!労働関係法改正】第9回 労働安全衛生法① ストレス検査を義務化 化学物質の管理も見直し/鈴木 里士

2014.09.01 【労働新聞】
  • TL
  • シェア
  • ツイート
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

労働災害の増加受け

 平成23年12月、労働安全衛生法の一部を改正する法律案が、第179回臨時国会に提出されたが、第181回臨時国会まで継続審議となり、24年11月の衆議院解散により審議未了のまま廃案となっていた。

 その後、25年2月に策定された第12次労働災害防止計画を踏まえ、検討が重ねられ、同年12月、労働政策審議会安全衛生分科会からの報告に基づき労働政策審議会が建議を行い、26年3月13日に労働安全衛生法の一部を改正する法律(26年法律第82号。以下「改正法」)が通常国会に提出され、6月19日に可決成立し、6月25日に公布された。…

筆者:石嵜・山中総合法律事務所 弁護士 鈴木 里士

この記事の全文は、労働新聞電子版会員様のみご覧いただけます。

労働新聞電子版へログイン

労働新聞電子版は労働新聞購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

平成26年9月1日第2983号4面 掲載

あわせて読みたい

ページトップ