【リアルタイム!労働関係法改正】第1回 取り上げる法令について パート法や派遣法など 無期転換特例にも言及/仁野 直樹

2014.07.07 【労働新聞】
  • TL
  • ツイート
  • シェア
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

  • コメント

背景交え留意点示す

 今号からの新連載として、今年12月下旬までの間、24回にわたって最新の労働関係法の動向について解説を行うこととなった。本連載は、当職のほか、鈴木里士弁護士、土屋真也弁護士、加藤彩弁護士(いずれも石嵜・山中総合法律事務所所属)の弁護士3人との共同連載である。

 本連載の主たる目的は、今年の国会において成立した(もしくは成立の見込みが高い)労働関連法令、または最近施行されるに至った労働関連法令の具体的改正点について解説しつつ、予想される実務のポイントを企業側法曹の観点から押さえていくことである。…

筆者:石嵜・山中総合法律事務所 弁護士 仁野 直樹

この記事の全文は、労働新聞電子版会員様のみご覧いただけます。

労働新聞電子版へログイン

労働新聞電子版は労働新聞購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

平成26年7月7日第2975号4面 掲載

あわせて読みたい

ページトップ