【リアルタイム!労働関係法改正】第12回 労働安全衛生法④ リスクアセス義務付け 危険・有害な640物質の使用/鈴木 里士

2014.09.22 【労働新聞】
  • TL
  • ツイート
  • シェア
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

  • コメント

新規採用時など想定

 改正労働安全衛生法(改正法)では、化学物質管理のあり方が見直され、一定の危険性・有害性が確認されている化学物質について事業者にリスクアセスメントの実施が義務付けられた。

 現在、職場で使用される化学物質は6万種類に及ぶが、その数は増加の一途をたどっている。…

筆者:石嵜・山中総合法律事務所 弁護士 鈴木 里士

この記事の全文は、労働新聞電子版会員様のみご覧いただけます。

労働新聞電子版へログイン

労働新聞電子版は労働新聞購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

平成26年9月22日第2986号4面 掲載

あわせて読みたい

ページトップ