【韓国の経験に学ぶ人手不足対策 「外国人雇用許可制度」とは】第11回 韓国人の外国人移民者に対する意識/佐野 孝治

2014.09.15 【労働新聞】
  • TL
  • シェア
  • ツイート
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

若年世代で否定的 韓国人への逆差別意識も

(1)抽象的には寛容も国籍で違い

 これまで、雇用許可制の内容、外国人労働者の現状について説明してきたが、雇用許可制の評価をする前に、世論調査をもとに韓国人の外国人に対する意識について触れておこう。

 韓国の有力紙の一つである「中央日報」(2011年8月10日付)に「彼らのコリアンドリームは韓国人には悪夢」という記事が掲載された。…

著者:福島大学 経済経営学類 教授 佐野 孝治

この記事の全文は、労働新聞電子版会員様のみご覧いただけます。

労働新聞電子版へログイン

労働新聞電子版は労働新聞購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

平成26年9月15日第2985号13面 掲載

あわせて読みたい

ページトップ