【ぶれい考】傷んだ雇用・労働条件復元を/古賀 伸明

2013.02.18 【労働新聞】

 13春闘がスタートした。

 今春季生活闘争において私たち連合は、すべての働く者がディーセント・ワーク(働きがいのある人間らしい仕事)を実現できるよう、「傷んだ雇用と労働条件」の復元に全力を尽くしていく。

 政府は1月末、13年度の経済見通しを発表した。実質2.5%、名目2.7%の経済成長率を見込んでいる。…

筆者:連合会長 古賀 伸明

この記事の全文は、読者専用サイトにてご覧いただけます。
読者専用サイトへログイン 読者専用サイトへはこちらからログインしてください。
※読者専用サイトは、定期刊行物(労働新聞または安全スタッフ)の購読者専用のサイトです。詳細・利用方法は、読者専用サイトのご案内をご覧ください。
ジャンル:
掲載 : 労働新聞 平成25年2月18日第2909号5面

あわせて読みたい

ページトップ