【ぶれい考】「日中関係」/古賀 伸明

2013.09.16 【労働新聞】
  • TL
  • ツイート
  • シェア
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

  • コメント

 日本の民間NPOと中国のメディアが、日中の両国民を対象に今年の5月から7月にかけて行った共同世論調査によれば、お互いの国に対して「良くない印象」を持っていると答えた割合は、日中双方とも90%を超えてしまった。日本人の中国に対する「良くない印象」は90.1%(昨年84.3%)、中国人の日本に対する「良くない印象」は92.8%と、過去9回の調査で最悪の状況である。…

筆者:連合会長 古賀 伸明

この記事の全文は、労働新聞電子版会員様のみご覧いただけます。

労働新聞電子版へログイン

労働新聞電子版は労働新聞購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

この連載を見る:
平成25年9月16日第2937号5面 掲載

あわせて読みたい

ページトップ