【ぶれい考】今にして思う教師の教え/矢木 孝幸

2020.08.20 【労働新聞】
  • TL
  • ツイート
  • シェア
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

  • コメント

 教師の「いっていたこと」をもっと正しく理解すべきだった。今になって後悔している。

 歴史の教師は「時代変化は不意にやってきて、元に戻ることはない」と断言しながら、変化・変革の前後を分析することで、人類の歴史を語っていた。生物学の教師は「生命の多様性においては、人類はただの1つの種に過ぎない」と、誕生からわずか100万年しか経過していない人類が、いかに生物のなかで新参者であるかを語っていた。…

筆者:連合 副事務局長 矢木 孝幸

この記事の全文は、労働新聞の定期購読者様のみご覧いただけます。
▶定期購読のご案内はこちら

労働新聞電子版へログイン

労働新聞電子版は労働新聞購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

この連載を見る:
令和2年8月24日第3269号5面 掲載

あわせて読みたい

ページトップ