【ぶれい考】ワクチン接種と差別/髙村 竜也

2021.07.01 【労働新聞】
  • TL
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

 日本の新型コロナウイルスに関するワクチン接種状況は進み方が緩やかで、ようやく社員の大多数が該当する「64歳以下」に対する接種開始の兆しがみえてきました。とはいえ、希望する全社員のワクチン接種が完了するまではまだ数カ月は掛かることでしょう。

 そのような状況で予想されるのが、「ワクチン打った?」という質問をまるで挨拶のようにし合う光景です。実際に、米国では「ワクチン打った?」は、友人・知人の会話の切出し文句として頻繁に使われているようです。

 しかし、職域でのこの質問には注意が必要です。なぜなら、この何気ない一言が社内でワクチンを接種した人とそうでない人とを自然に区分けし、それが無意識のうちに差別に発展する恐れがあるからです。無意識の差別ほど恐ろしいものはありません。…

筆者:ラコステジャパン 人事最高責任者 髙村 竜也

この記事の全文は、労働新聞の定期購読者様のみご覧いただけます。
▶定期購読のご案内はこちら

労働新聞電子版へログイン

労働新聞電子版は労働新聞購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

この連載を見る:
令和3年7月12日第3312号5面 掲載

あわせて読みたい

ページトップ