【ぶれい考】今後の外国人材受入れ/小林 治彦

2017.12.05 【労働新聞】

 昨今、人口減少による人手不足が問題となっている。国立社会保障・人口問題研究所の調査によると、わが国はすでに人口減少社会に突入しており、2053年にはわが国の人口が1億人を下回ることが予想されている。

 このような背景を受け、各企業では外国人材へのニーズが高まっている。…

筆者:日本・東京商工会議所 産業政策第二部長 小林 治彦

この記事の全文は、読者専用サイトにてご覧いただけます。
読者専用サイトへログイン 読者専用サイトへはこちらからログインしてください。
※読者専用サイトは、定期刊行物(労働新聞または安全スタッフ)の購読者専用のサイトです。詳細・利用方法は、読者専用サイトのご案内をご覧ください。
ジャンル:
掲載 : 労働新聞 平成29年12月4日第3139号5面

あわせて読みたい

ページトップ