【ぶれい考】新社会人へのエール/古谷 治子

2014.03.24 【労働新聞】

 私が社会人になって間もない頃、「青い鳥症候群」という病にかかった。他人の仕事ばかり良く見える、友人の会社の業務がうらやましい。そんな思いが募り、ある時私は上司に別の部署への異動を願い出た。すると上司は私にこう言った。…

筆者:㈱マネジメントサポート 代表取締役社長 古谷 治子

この記事の全文は、読者専用サイトにてご覧いただけます。
読者専用サイトへログイン 読者専用サイトへはこちらからログインしてください。
※読者専用サイトは、定期刊行物(労働新聞または安全スタッフ)の購読者専用のサイトです。詳細・利用方法は、読者専用サイトのご案内をご覧ください。
ジャンル:
掲載 : 労働新聞 平成26年3月24日第2962号5面

あわせて読みたい

ページトップ