【サラリーマンしたたか遊泳術】ビジネスマンも商人と変わらず/吉田 典史

2015.01.26 【労働新聞】

 渋谷のスナックが半年ほど前、閉店をした。1999年から2009年まで1年に数回のペースで通った。勤務していた会社が徒歩で10分のところにあった。

 ここ5年間は、行かなかった。六十代前半のマスターに嫌気がさしていた。ある日、客とのやりとりを聞いていて思った。「この男に、金を払うことはできない」。

 彼は、劣等感のかたまりだった。大卒のお客を茶化し、小ばかにしていた。

筆者:ジャーナリスト 吉田 典史

この記事の全文は、読者専用サイトにてご覧いただけます。
読者専用サイトへログイン 読者専用サイトへはこちらからログインしてください。
※読者専用サイトは、定期刊行物(労働新聞または安全スタッフ)の購読者専用のサイトです。詳細・利用方法は、読者専用サイトのご案内をご覧ください。
掲載 : 労働新聞 平成27年1月26日第3002号7面

あわせて読みたい

ページトップ