【人事労務50年の裏表―わが山河は美しかったか―】額に黒子見えたと賃金統合/梅本 迪夫

2017.06.12 【労働新聞】
  • TL
  • シェア
  • ツイート
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

見える人にだけ見えるんです
イラスト 有賀敏彦

 筆者が勤務していた三井石油化学は、1997年10月1日に三井東圧化学と合併し、三井化学(新会社)となった。筆者は新会社の人事部部長として合併に伴う人事諸制度統合を推進した。今回はまず一般社員(組合員)の賃金統合について述べたい。

 賃金制度の統合は、まず体系の一体化、次いで両者間の水準格差の調整を行う。…

筆者:梅本人事総合コンサルティング 代表 梅本 迪夫

この記事の全文は、労働新聞電子版会員様のみご覧いただけます。

労働新聞電子版へログイン

労働新聞電子版は労働新聞購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

平成29年6月12日第3116号7面 掲載

あわせて読みたい

ページトップ