【ぶれい考】新卒一括採用に利点多し/石田 雅彦

2022.08.04 【労働新聞】
  • TL
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

 今年は街角でリクルートスーツ姿の学生を見ることが多くなった。コロナ禍が小康状態だった間は新卒採用の説明会や面接について対面復活の動きが強まる一方、インターンシップを含め依然としてオンライン開催も多く、学生にとっては何社にエントリーしてどうアプローチするか、戦術を立てにくい状況だろう。

 もともと、「新卒一括採用」は、景気次第で採用数が大きく変わり、「青田買い」「内定拘束」が問題になった時もあれば、逆に「内定切り」が社会問題になったこともある。また、一度面接機会を逃すと二度と選考対象にならないことも多いので、…

筆者:オリックス生命保険 執行役員 石田 雅彦

この記事の全文は、労働新聞の定期購読者様のみご覧いただけます。
▶定期購読のご案内はこちら

労働新聞電子版へログイン

労働新聞電子版は労働新聞購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

この連載を見る:
令和4年8月8日第3364号5面 掲載

あわせて読みたい

連載名で検索する

ページトップ
 

ご利用いただけない機能です


ご利用いただけません。