【中小企業も実現できる!ハラスメントのない職場】第10回 VUCA時代の管理者研修 許容が成長につながる 人と向き合う時間作りを/稲尾 和泉

2022.06.09 【労働新聞】
  • TL
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

不安をマネジメント

 世界情勢が混迷を極める現代において、ビジネスにおいてもさらなる変革が求められている。その象徴として使われるのが「VUCA」というキーワードである。VUCAとは、世界経済や気候の変動が激しく(V)、これまでの経験を生かせるかどうか不確実で(U)、顧客や取引先との利害関係も複雑で(C)、商品やサービスが思いがけず大成功するような曖昧性(A)を指している。

 経営者には、ビジネスを通じて利益を上げ、事業を継続させる責任があるが、これまでの定石が通用しないVUCA時代では、従来と同じ商品やサービスを提供していても、成功するとは限らないということを自覚する必要がある。しかし、そう簡単に新たなビジネスの種はみつからない。このような先行きが不透明な状況は、人々を不安にさせる。これらの不安を回避する方法として、リスクの高い新たなチャレンジを回避したり、ルールを作って失敗を予防しようとしたりすると、結果的に市場の変化から取り残されてしまう。これまでのやり方に固執してもうまくいかず、叱咤激励という名目で部下を怒鳴ればパワハラを誘発する。

 このような状況の打開には、経営陣や上司自身の「不安のマネジメント」が必要だと考えている。VUCAから来る不安に対しては、…

筆者:㈱クオレ・シー・キューブ 取締役 稲尾 和泉

この記事の全文は、労働新聞の定期購読者様のみご覧いただけます。
▶定期購読のご案内はこちら

労働新聞電子版へログイン

労働新聞電子版は労働新聞購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

令和4年6月13日第3356号13面 掲載

あわせて読みたい

連載名で検索する

ページトップ
 

ご利用いただけない機能です


ご利用いただけません。