【中小企業も実現できる!ハラスメントのない職場】第5回 カスタマーハラスメント 従業員守る意思表明を 問われるトップ層の反応/稲尾 和泉

2022.04.28 【労働新聞】
  • TL
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

厚労省が手引き策定

 さまざまなハラスメント問題のなかで、顧客からの迷惑行為や過剰なクレームは「カスタマーハラスメント(カスハラ)」と呼ばれている。これは行為者が顧客や取引先であるということを指しているもので、実際の行為の多くはパワハラやセクハラである。ここで行為者が利用している優位性は「顧客」というパワーだ。職場内であれば問題になることであっても、顧客であれば職場と関係ないし、あからさまな反論も難しいため、無理難題もごねれば受け入れてくれると、過去の成功体験で分かってやっていることもある。

 令和2年の厚労省実態調査によると、過去3年間に顧客や取引先等からハラスメント行為を受けた労働者の割合は企業規模の大小にかかわらず約15~17%となっている。一方、業種間ではかなりの差がみられ、生活関連サービス業、娯楽業が25.1%、電気・ガス・熱供給・水道業が23.3%、不動産業、物品賃貸業が22.6%、卸・小売業が21.9%など、主にBtoCビジネスでエンドユーザーからの悪質なクレーム対応に頭を悩ませている企業が多いことが分かる。

 この問題は、厚労省が2017年度に開催したパワハラ対策検討委員会でも…

筆者:㈱クオレ・シー・キューブ 取締役 稲尾 和泉

この記事の全文は、労働新聞の定期購読者様のみご覧いただけます。
▶定期購読のご案内はこちら

労働新聞電子版へログイン

労働新聞電子版は労働新聞購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

令和4年5月2日第3351号13面 掲載

あわせて読みたい

連載名で検索する

ページトップ
 

ご利用いただけない機能です


ご利用いただけません。