【事故防止 人の問題を考える】第131回 認知バイアスとヒューマンエラー(後編)

2022.05.27 【安全スタッフ】
  • TL
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

 前回は、ヒューマンエラーの原因となる認知バイアスをとりあげ、認知バイアスとはどのようなものか(目の前の実態が正確に把握できない、本来の姿とは異なった姿をとらえてしまうこと)、認知バイアスが生まれる要因として、過信、楽観、社会的手抜き、グループシンクなどがあることを紹介しました。

 今回は、引き続き認知バイアスを取り上げ、認知バイアスがどのように労働災害に関わっているのか、対策をどのようにとらえればよいかなどについて解説します。

熟練者に多い「過信」

◎過信

 過信とは、自らの判断や行動は正しいと信じ、それが認知バイアスとなり、無理な行動をしてしまうことです。過信は熟練者に多いといえます。

 現場の安全確保には、長年の経験を積み重ねた熟練者の活躍が不可欠です。ただ、過信による熟練者ならではの労働災害があることを忘れてはいけません。

 それは、現場の作業を熟知しているがゆえに、…

執筆:労働安全衛生総合研究所 高木 元也

この記事の全文は、安全スタッフの定期購読者様のみご覧いただけます。
▶定期購読のご案内はこちら

安全スタッフ電子版へログイン

安全スタッフ電子版は安全スタッフ購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

この連載を見る:
2022年6月1日第2403号 掲載

あわせて読みたい

連載名で検索する

ページトップ
 

ご利用いただけない機能です


ご利用いただけません。