【送検事例】動力プレスの特定自主検査怠る

2021.11.26 【安全スタッフ】
  • TL
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

 山梨・甲府労働基準監督署は、非鉄金属鋳物業の会社と同社製造部長について、特定自主検査を実施していない動力プレスを労働者に使用させたとして、安衛法違反の疑いで甲府地検に書類送検した。同社の工場内で労働者に試作品の製造を行わせていたところ、合成樹脂パレットに載せていた動力プレスが倒れた。労働者は動力プレスの下敷きになって死亡した。(R3・11・4)

事件の概要

 事故は、非鉄金属鋳物業の会社の工場で昨年11月2日に起きた。合成樹脂製パレットに載せた動力プレスを使って、労働者が試作品の製造を行っていた。作業中に動力プレスが労働者に倒れかかるように、パレットから落ちてきた。動力プレスの下敷きになった労働者は死亡した。

 安衛法では、動力プレスについて1年以内ごとに1回、定期に特定自主検査を行わなければならないと定めている。甲府労基署によると、…

この記事の全文は、安全スタッフの定期購読者様のみご覧いただけます。
▶定期購読のご案内はこちら

安全スタッフ電子版へログイン

安全スタッフ電子版は安全スタッフ購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

この連載を見る:
2021年12月1日第2391号 掲載

あわせて読みたい

ページトップ


ご利用いただけません。