【送検事例】非常停止装置を備えず

2014.02.15 【安全スタッフ】
  • TL
  • ツイート
  • シェア
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

  • コメント

 茨城・鹿嶋労働基準監督署は、ベルトコンベヤーに非常停止装置を備えていなかったとして砂利採取業を営む男性を安衛法違反の疑いで水戸地検土浦支部に書類送検した。砂と石を選別する機械のベルトコンベヤーに砂が挟まったため、ベルトが蛇行。労働者が左手で砂を取り出そうとしたところ、回転中のベルトとローラーの間に巻き込まれ、ひじ関節以下を切断した。(H25・12・9)

事件の概要

 砂利採取場で平成24年7月2日、砂利採取業者の使用する労働者が砂と石を選別する機械を監視する業務をしていた。同機械のベルトコンベヤーのベルトとローラーの間に砂が挟まりベルトが蛇行、労働者は手で砂を取り出そうとした。左手が…

この記事の全文は、安全スタッフ電子版会員様のみご覧いただけます。

安全スタッフ電子版へログイン

安全スタッフ電子版は安全スタッフ購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

この連載を見る:
平成26年2月15日第2204号 掲載

あわせて読みたい

ページトップ