【送検事例】自職場の労災を社内隠ぺい

2017.11.27 【安全スタッフ】
  • TL
  • ツイート
  • シェア
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

  • コメント

 神奈川・藤沢労働基準監督署は、労災かくしをしたとして輸送用機械製造業の会社と同社物流管理課長を安衛法違反容疑で、横浜地検に書類送検した。労働者が今年2月、作業中に少なくとも休業91日を要する傷害を負ったが、物流管理課長は社内で隠ぺいしていた。同社は昨年度に安全管理特別指導事業場に指定されていて、自分の課で起きた事故を知られたくなかったという。(H29・10・13)

事件の概要

 事故は今年2月7日、輸送用機械製造業の会社で発生。幅80cm、高さ40cm、奥行き50cmの4段積みのカゴの最下段から部品を取り出そうとしたために、バランスが崩れ、カゴが労働者に当たり、右腕骨折、左足打撲のケガを負った。少なくとも休業91日を要する傷害を負ったものの、物流管理課長は社内で隠ぺいし、労働者死傷病報告を提出しなかった。…

この記事の全文は、安全スタッフ電子版会員様のみご覧いただけます。

安全スタッフ電子版へログイン

安全スタッフ電子版は安全スタッフ購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

この連載を見る:
平成29年12月1日第2295号 掲載

あわせて読みたい

ページトップ