【送検事例】荷台上で保護帽着用させず

2019.10.29 【安全スタッフ】
  • TL
  • ツイート
  • シェア
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

  • コメント

 香川・高松労働基準監督署は、労働者に保護帽を着用させなかったとして、運送会社と同社専務取締役を安衛法違反容疑で高松地検に書類送検した。貨物自動車の荷台上でシート掛け作業を行っていた労働者が墜落し、頭部を打って死亡する災害が発生している。安衛法では最大積載量5t以上の貨物自動車の荷台で荷積み、荷卸し作業を行わせる際は、保護帽を着用させるよう規定している。(R1・9・20)

事件の概要

 事故は今年6月28日、運送会社の営業所敷地内で起きた。労働者が保護帽を着用しないまま、最大積載量7.5tの貨物自動車の荷台に積まれた荷の上でシート掛けを行っていた際に墜落、頭部を打って死亡する労働災害が発生している。…

この記事の全文は、安全スタッフ電子版会員様のみご覧いただけます。

安全スタッフ電子版へログイン

安全スタッフ電子版は安全スタッフ購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

この連載を見る:
2019年11月1日第2341号 掲載

あわせて読みたい

ページトップ