【送検事例】プレス機械の特別教育怠る

2011.03.01 【安全スタッフ】
  • TL
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

 栃木・真岡労働基準監督署は、金型交換業務の特別教育などを怠ったとしてプレス会社と同社栃木工場の課長を安衛法違反の疑いで、宇都宮地検に書類送検した。プレス機械の金型交換作業を行っていた労働者が右足を挟まれ、右足膝下を切断する労働災害が起きたもの。同社課長は特別教育のほか、作業指揮者に「金型交換作業の直接指揮」も行わせる必要があったが、怠っていた。(H23・1・11)

事件の概要

 プレス機械の金型交換を行っていた労働者が作業中、機械に右足を挟まれ右足膝下を切断する労働災害が発生した。安衛法では、プレス機械の金型交換作業を行わせる場合には、労働者に対して「特別教育」を実施しなければならないが、被疑者であるプレス工場の課長は教育を怠っていた。

 また、…

この記事の全文は、安全スタッフの定期購読者様のみご覧いただけます。
▶定期購読のご案内はこちら

安全スタッフ電子版へログイン

安全スタッフ電子版は安全スタッフ購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

この連載を見る:
平成23年3月1日第2133号 掲載

あわせて読みたい

ページトップ