【送検事例】架台作成でフォーク用途外使用

2021.10.12 【安全スタッフ】
  • TL
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

 福岡・行橋労働基準監督署は、フォークリフトを用途外使用したとして、金属廃棄物回収卸売業の会社と同社代表取締役を安衛法違反容疑で福岡地検小倉支部に書類送検した。コンテナに荷物を入れるための架台を作成していた際、フォークリフトで押さえていた鉄板が倒れ、下敷きとなった労働者1人が死亡している。フォークリフトを運搬以外の作業に使っていた疑い。(R3・7・30)

事件の概要

 災害は今年5月11日、金属廃棄物回収卸売業の会社の敷地内で発生した。労働者らはコンテナに荷物を入れるための架台を作っていた。架台の上に鉄板を垂直に立て、接着面を溶接するにあたって、フォークリフトで鉄板を上から押し込んでいた。十分に仮固定できたとしてフォークリフトを外したところ、…

この記事の全文は、安全スタッフの定期購読者様のみご覧いただけます。
▶定期購読のご案内はこちら

安全スタッフ電子版へログイン

安全スタッフ電子版は安全スタッフ購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

この連載を見る:
2021年10月15日第2388号 掲載

あわせて読みたい

ページトップ


ご利用いただけません。