【送検事例】日常的に作業計画を定めず

2016.03.01 【安全スタッフ】

 岩手・大船渡労働基準監督署は、作業計画を定めていなかったとして、生コン製造会社と取締役工場長を安衛法違反の疑いで盛岡地検に書類送検した。防潮堤災害復旧工事現場内で行われていたコンクリート打設作業で、コンクリートミキサー車の誘導者が、別の労働者が運転するコンクリートミキサー車にひかれて死亡する労働災害が起きた。(H28・1・19)

事件の概要

 事故は、岩手・陸前高田市の防潮堤災害復旧工事現場で発生。コンクリート打設作業で、コンクリートミキサー車の誘導者が、別の労働者が運転するコンクリートミキサー車にひかれて死亡した。…

この記事の全文は、読者専用サイトにてご覧いただけます。
読者専用サイトへログイン 読者専用サイトへはこちらからログインしてください。
※読者専用サイトは、定期刊行物(労働新聞または安全スタッフ)の購読者専用のサイトです。詳細・利用方法は、読者専用サイトのご案内をご覧ください。
ジャンル:
掲載 : 安全スタッフ 平成28年3月1日第2253号

あわせて読みたい

ページトップ