【ぶれい考】COP26の課題と期待/石上 千博

2021.11.11 【労働新聞】
  • TL
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

 10月31日から、イギリスのグラスゴーでCOP26が行われている。

 これまでも連合は、現地に赴きCOPに参加してきた。私自身も2019年12月にスペインのマドリッドで開催されたCOP25に参加したが、今回はコロナ禍の影響で見送らざるを得なくなり、非常に残念だ。

 今回の会議では、COP25で持ち越された課題が議論の中心になると思われる。具体的には、「市場メカニズム」に関するルールづくりや、「共通タイムフレームの設定」などである。また、COP26議長が掲げる重点課題として、①石炭の段階的廃止の加速、②森林破壊の削減、③電気自動車への切替えの加速、④再生可能エネルギーへの投資奨励――が挙げられている。

 今回で結論が出ることを期待しているが、パリ協定(COP21)から議論してきた課題であることから、簡単ではないと想像できる。

 たとえば…

筆者:連合 副事務局長 石上 千博

この記事の全文は、労働新聞の定期購読者様のみご覧いただけます。
▶定期購読のご案内はこちら

労働新聞電子版へログイン

労働新聞電子版は労働新聞購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

この連載を見る:
令和3年11月15日第3329号5面 掲載

あわせて読みたい

連載名で検索する

ページトップ


ご利用いただけません。