【パンデミック、大災害に対処 BCP策定講座】第12回 事業継続対策⑤ 情報のバックアップ 定期保存を習慣化 円滑活用訓練の実施も/丸谷 浩明

2021.09.24 【労働新聞】
  • TL
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

軽量メモリで移動

(1)情報のバックアップの必要性

 今日の企業活動において、パソコンなどの情報システムで使う電子データの重要性はますます高まっている。顧客情報、取引記録、支払い・受領記録などのデータが、地震、水没、火災、水漏れなどで喪失すると、事業の早期復旧の大きな足かせとなる。データ喪失は、パソコンの破損やサーバー室の空調故障による温度上昇などの理由でも発生するため、バックアップを必要とする事象はかなり幅広い。

 契約書、設備の図面、利用権利証など電子化していない文書情報も、写しの保存を行っていないと復旧の重大な支障になる。

 事業継続に不可欠な電子データ・文書は何かを考え…

筆者:東北大学災害科学国際研究所 副研究所長・教授
NPO法人事業継続推進機構 理事長 丸谷 浩明

この記事の全文は、労働新聞の定期購読者様のみご覧いただけます。
▶定期購読のご案内はこちら

労働新聞電子版へログイン

労働新聞電子版は労働新聞購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

令和3年9月27日第3322号11面 掲載

あわせて読みたい

ページトップ


ご利用いただけません。