【パンデミック、大災害に対処 BCP策定講座】第8回 事業継続対策① 調達面の対策 相手先の対策を確認 調査で「ドミノ倒し」防ぐ/丸谷 浩明

2021.08.26 【労働新聞】
  • TL
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

ともに向上めざす

 前回まで「事業継続戦略」について説明し、とくに代替戦略が重要であること、典型例として代替拠点を確保する対策などを解説した。今回は代替以外の対策として、調達面の対策を扱う。

(1)調達先に求める事業継続力

 別図のように、企業がモノの製造を行う場合、素材や部品の調達が不可欠であり、それらを運ぶ輸送サービスも必要である。どんな業種であっても、機器の修理・メンテナンスや消耗品の供給、廃棄物の回収・処理、データ処理などのサービスも事業継続には不可欠である。電力、水道などのライフラインや通信サービスも同様だ。これらは、調達先からの供給が止まると、自社の供給途絶の直接の原因となる。自社の事業継続力の向上をめざすなら、供給者の事業継続力も一緒に向上させないと実現できない。…

筆者:東北大学災害科学国際研究所 副研究所長・教授
NPO法人事業継続推進機構 理事長 丸谷 浩明

この記事の全文は、労働新聞の定期購読者様のみご覧いただけます。
▶定期購読のご案内はこちら

労働新聞電子版へログイン

労働新聞電子版は労働新聞購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

令和3年8月30日第3318号11面 掲載

あわせて読みたい

ページトップ