【能力を生かす!伸ばす!障害者雇用】第10回 障害をオープンにすること 職場定着に好影響 申告呼掛けは全社員へ/紺野 大輝

2021.09.09 【労働新聞】
  • TL
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

適切な配慮受けて就労

 高齢・障害・求職者雇用支援機構の「障害者の就業状況等に関する調査研究(2017)」において、求人種類別に「職場定着率」を尋ねた結果が掲載されている()。同調査では、「障害者求人」、「障害を公開して応募した一般求人」、「障害を公開せず応募した一般求人」のそれぞれの定着率の推移を比較した。

 入社1年後の定着率が最も高いのは…

筆者:「会社を変える障害者雇用」著者 紺野 大輝

この記事の全文は、労働新聞の定期購読者様のみご覧いただけます。
▶定期購読のご案内はこちら

労働新聞電子版へログイン

労働新聞電子版は労働新聞購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

令和3年9月13日第3320号10面 掲載

あわせて読みたい

ページトップ