【能力を生かす!伸ばす!障害者雇用】第3回 経営戦略として捉える 業務改革の推進へ 制度・プロセス見直しで/紺野 大輝

2021.07.08 【労働新聞】
  • TL
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

仕事の割振りが課題に

 厚生労働省が発表している平成30年度障害者雇用実態調査結果によると、障害者を雇用するに当たっての課題の第1位は「会社内に適切な仕事がない」だった。第2位は「障害者を雇用するイメージやノウハウがない」。第3位は、障害の種類により異なり、身体障害者では「職場の安全面の配慮が適切にできるか」、知的障害・発達障害者では「採用時に適性・能力を十分把握できるか」、精神障害者では「従業員が障害特性について理解することができるか」が挙げられている。

 障害の種類を問わず、回答結果で最も多かった「会社内に適切な仕事がない」という問題は、…

筆者:「会社を変える障害者雇用」著者 紺野 大輝

この記事の全文は、労働新聞の定期購読者様のみご覧いただけます。
▶定期購読のご案内はこちら

労働新聞電子版へログイン

労働新聞電子版は労働新聞購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

令和3年7月19日第3313号10面 掲載

あわせて読みたい

ページトップ