【パンデミック、大災害に対処 BCP策定講座】第9回 事業継続対策② 人員の確保 応援者の受入れ有効 体制・手順・業務を定め/丸谷 浩明

2021.09.02 【労働新聞】
  • TL
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

不可欠な属性把握

(1)要員確保の必要性

 どんな企業でも、事業継続のためには人員の確保が不可欠である。それも人数さえ確保できれば良いのではなく、経営判断力、技術・技能、取引先とのコネクションなどを持つ人が必要となる。

 BCPでは、重要業務を特定したら、重要業務の継続や早期復旧に不可欠な人員の属性を把握する。その役割を担う人員が参集できない事態も想定して、それでも継続できるような対策を盛り込んで実施することが求められる。

(2)支援人員の受入れ

 人員確保の必要性は、…

筆者:東北大学災害科学国際研究所 副研究所長・教授
NPO法人事業継続推進機構 理事長 丸谷 浩明

この記事の全文は、労働新聞の定期購読者様のみご覧いただけます。
▶定期購読のご案内はこちら

労働新聞電子版へログイン

労働新聞電子版は労働新聞購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

令和3年9月6日第3319号11面 掲載

あわせて読みたい

ページトップ