【パンデミック、大災害に対処 BCP策定講座】第5回 リスクの分析・評価 影響度でマッピング まずは少数対象を検討/丸谷 浩明

2021.07.21 【労働新聞】
  • TL
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

地域に着目し区別

 BCPを策定する場合、分析検討のプロセスのひとつとして「リスクの分析・評価」を行う。第2回第3回で説明した重要業務の選定や許容限界などの分析・評価は、「事業影響度分析」と呼ばれるもので、自社と取引先との関係を重視したものであった。今回のリスクの分析・評価は、自社を取り巻く災害その他の危機事象による被害など、事業に不可欠なリソースが受ける被害の影響を把握するものである。

(1)個別リスクの想定

 BCPとは、最終的には、どのような危機事象に直面しても重要業務を継続することをめざすものであり、そのような説明を聞いたことがある人もいるだろう。

 しかし、日本の企業がBCPに最初に取り組む場合、地震、風水害、感染症など優先的に対応したい危機事象がある場合が多いので、まずはひとつか少数選んだ危機事象からスタートする方が分かりやすい。

 選んだ危機事象に対するBCPがある程度できたら、他の危機事象にも共通して有効な戦略・対策を意識しながら、徐々にBCPの対象を広げる。たとえば、地震に備えてBCPを策定すると、初動の対応体制確保、安否確認、被害把握、対策として代替拠点、代替調達先の確保などを行う。風水害や爆破テロなどへの対応との共通性から、さらに策定対象を広げていくイメージである。

(2)リスクの分析・評価のステップ

 リスク分析・評価は、次のようなステップを踏むことが多い。…

筆者:東北大学災害科学国際研究所 副研究所長・教授
NPO法人事業継続推進機構 理事長 丸谷 浩明

この記事の全文は、労働新聞の定期購読者様のみご覧いただけます。
▶定期購読のご案内はこちら

労働新聞電子版へログイン

労働新聞電子版は労働新聞購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

令和3年8月2日第3315号11面 掲載

あわせて読みたい

ページトップ