【今週の注目資料】労働力調査2020年平均(総務省)

2021.03.04 【労働新聞】
  • TL
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

会社都合の休業者4倍に

 休業者数は前年から81万人増加し、259万人に上った。そのうち、休業の理由を「勤め先や事業の都合」としたのは66万人と、前年の17万人から49万人増加している。

 失業者数は210万人で、前年比28万人増加した。仕事に就けない理由を聞くと、「希望する種類・内容の仕事がない」63万人、「勤務時間・休日などが希望と合わない」23万人、「求人の年齢と自分の年齢とが合わない」21万人、「条件にこだわらないが仕事がない」14万人となっている。完全失業率は2.8%だった。

 非正規の職員・従業員数は2090万人で、同75万人減少した。非正規者数が減少したのは11年ぶりとなる。一方、正規の職員・従業員数は3529万人(対前年比35万人増)と、6年連続で増加傾向にある。

 非正規の雇用形態別にみると、パート・アルバイトは1473万人で、同46万人減少した。契約社員は279万人と、同15万人減少している。

労働力調査2020年平均(総務省)

この連載を見る:
令和3年3月8日第3296号4面 掲載

あわせて読みたい

ページトップ