【今週の注目資料】労働力調査(基本集計)平成30年(2018年)平均(速報)(総務省)

2019.02.21 【労働新聞】
  • TL
  • シェア
  • ツイート
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

4年連続で正規が増加

 15歳以上人口のうち、就業者と完全失業者を合わせた人口を指す労働力人口は、2018年平均で6830万人と、前年に比べ110万人増加した。6年連続の増加だった。男女別では、男性が前年比33万人増の3817万人、女性は同77万人増の3014万人である。また、15~64歳の労働力人口は、同56万人増の5955万人だった。

 就業者は、同134万人増の6664万人となった。15~64歳に限ると5802万人で、同78万人増である。

 正規の職員・従業員は同53万人増の3485万人で、4年連続の増加だった。非正規の職員・従業員も5年連続で増加を続け、同84万人増の2120万人となっている。年齢階層別では、15~64歳が同42万人増の1762万人、65歳以上が同42万人増の358万人である。

 会社などに雇われる雇用者のうち、週間就業時間が60時間以上の割合は、6.9%だった。同0.8ポイント減となっており、2010年の9.5%から一貫して低下が続いている。

労働力調査(基本集計)平成30年(2018年)平均(速報)(総務省)

ジャンル:
平成31年2月25日第3198号4面 掲載

あわせて読みたい

ページトップ