【ぶれい考】悲劇を繰り返さぬように/連合 副事務局長 矢木 孝幸

2021.02.11 【労働新聞】
  • TL
  • ツイート
  • シェア
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

  • コメント

 コロナウイルス禍をスペイン風邪(約100年前に世界的に大流行したA型インフルエンザの感染)になぞらえ歴史を振り返る考察が盛んに行われている。俳優で元カリフォルニア州知事のアーノルド・シュワルツェネッガー氏は、公開した動画で、トランプ前大統領の支持者による米国議会乱入を、1938年11月9日に起きた反ユダヤ主義暴動、迫害の「水晶の夜」にたとえ、100年前と現在に共通しているのは「嘘」だと断言した。ナチス・ドイツが嘘によってヨーロッパを混乱に落とし込んだと同様に、トランプ前大統領は「嘘」で米国を惑わしたとして、民主主義への団結を求めた。この動画に心動かされた方々も多いと思う。

 日本に視点を向けてみれば、「三本の矢」を掲げ…

筆者:連合 副事務局長 矢木 孝幸

この記事の全文は、労働新聞の定期購読者様のみご覧いただけます。
▶定期購読のご案内はこちら

労働新聞電子版へログイン

労働新聞電子版は労働新聞購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

この連載を見る:
令和3年2月15日第3293号5面 掲載

あわせて読みたい

ページトップ