『ダイバーシティ』の労働関連ニュース

2020.09.23 【労働新聞】
ダイバーシティ加速へ専門会議 徳島県

 徳島県は、多様な人材活躍の理解促進と実現に向けた「第1回ダイバーシティとくしま推進会議」を開催した(写真)。障害者雇用を推進している企業をはじめ、同県中小企業団体中央会や女性協議会、障害者団体など計20団体が参加した。  同会議では、個人、企業、地域社会がダイバーシティ社会の価値を理解し、理念と方向性を分かりやすく県民に示すための「ダイ……[続きを読む]

2020.07.29 【労働新聞】
組織変革視点で要求事項を議論 人事向けイベント

 ビジネス会議の運営を行うマーカスエバンズ・ジャパン・リミテッドは、「HR JAPAN Summit 2020」と題したイベントを東京都内で開催した。本紙で「ぶれい考」を執筆するサトーホールディングス㈱の江上茂樹高度専門職グローバル人財開発室長が司会を務めたパネルディスカッションでは、「組織変革から考察する人事部門に求めるもの」を検討した……[続きを読む]

2020.07.16 【労働新聞】
【フォーカス】三菱ケミカル/転倒防止へ独自体操を実施 部下年休も1項目 

健康経営で「30の宣言」  総合化学大手の三菱ケミカル㈱(東京都千代田区、和賀昌之代表取締役、4万776人)は、健康支援と働き方改革を両輪とした「KAITEKI健康経営」を推進している。取組み内容は、30項目の「宣言」にまとめており、従業員の意見も反映しながら会社としての決意を明確に示した。具体的には、「ゼロ災をめざす」、「製造現場のトイ……[続きを読む]

2020.02.17 【労働新聞】
行員12人集めて多様化施策推進 愛知銀行

 ㈱愛知銀行(愛知県名古屋市、伊藤行記頭取)は、ダイバーシティ推進室内に新たに「ダイバーシティ推進委員会(通称=あいちーむ)」を設立した。メンバーは会社が指名した本部、営業店、従業員組合の20~50歳代の行員12人。女性活躍や若手行員の離職防止、シニア人材の活躍を中心に議論を進める。  同行ではこれまでも女性活躍を中心に多様な人材の活躍に……[続きを読む]

2020.02.07 【労働新聞】
産後MR増えた大塚製薬へ大賞 東京都・女性活躍

 東京都は、「令和元年度東京都女性活躍推進大賞」の贈呈式を開催し、大塚製薬㈱、学校法人昭和女子大学などを大賞に選出した。  社員の約24%を女性が占める同社では、多様な人材の活躍を意味するダイバーシティの推進に継続的に取り組んでいる。たとえば医薬情報提供者(MR)や営業職の女性の育児や働き方などについて情報共有の場を設けている。出産後も継……[続きを読む]

年月アーカイブ

ページトップ