行政組織変革へ官民循環を 同友会が提言

2021.07.13 【労働新聞】
  • TL
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

 経済同友会は、「官民の人材サーキュレーション」を前提とする行政組織変革を求めた提言を作成した。組織の多様性(ダイバーシティ)の拡大に向け官民間で人材を循環させるべきとした。

 民間で培われた専門知識やスキル、多様な経験を政策立案・執行、組織マネジメントで活用する一方、官僚が民間で経験を積むことで、異なる立場・視点から実践知を獲得できるとしている。

 行政能力のアップデート、官民の知見の連結による国益の維持・増進、組織文化の刷新などが期待できる。

令和3年7月19日第3313号1面 掲載

あわせて読みたい

ページトップ