兼業禁止規定の緩和を――同友会が提言

2016.05.31 【労働新聞】
  • TL
  • ツイート
  • シェア
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

  • コメント

 配偶者手当見直しや兼業禁止規定の緩和を――経済同友会は、「雇用の質を高め、生産性を革新する」と題する提言をまとめ、超高齢社会に直面するわが国における働き方改革などのあり方を示した。産業・企業の生産性向上、競争力強化に向け、不本意非正規労働者の縮減、活躍の機会が限定されている労働者の有効活用に力を入れるよう訴えている。…

この記事の全文は、労働新聞電子版会員様のみご覧いただけます。

労働新聞電子版へログイン

労働新聞電子版は労働新聞購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

関連キーワード:
平成28年5月30日第3066号1面 掲載

あわせて読みたい

ページトップ