通年採用・約4割で導入 同友会調べ

2017.01.25 【労働新聞】
  • TL
  • ツイート
  • シェア
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

  • コメント

 新卒・既卒ワンプールの通年採用を実施している企業が約4割に達していることが、経済同友会の調査結果で分かった。

 同採用方法の利点について、留学生を中心に多様な人材を採用しやすくなったことを挙げた。一方、既卒者の採用において、卒業後の過ごし方や経験、目的意識などをより厳しく判断する傾向が強まっている。

 通年採用導入の障害として、人事・教育制度刷新の必要があり、人的・金銭的負担も大きいことから移行が困難とする見方が少なくない。

 新卒一括採用のみを実施している約6割の企業のほとんどで何らかの課題を抱えている。短期集中採用による企業・学生の相互理解の不足、雇用のミスマッチ、景気動向による影響が大きいなどが指摘されている。

 調査対象は、同友会会員企業1872社で、有効回答は197社。実施時期は昨年9~10月。

関連キーワード:
平成29年1月23日第3097号1面 掲載

あわせて読みたい

ページトップ