【追跡レポ】ネスレ日本/ネスレパスコース 通年採用 導入で多様な人材獲得

2012.01.23 【労働新聞】
  • TL
  • ツイート
  • シェア
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

  • コメント

選考時期・方法選べる 研修参加の権利付与へ

白熱する社員参加のネスレチャレンジプログラム

 ネスレ日本㈱(兵庫県神戸市、高岡浩三社長、従業員・約2300人〈グループ社員含む〉)では、新卒採用方式を見直し、現役学生と卒業後3年以内の既卒者を対象とした通年採用選考プロセス――「ネスレパスコース」を導入した。留学など学生の成長機会を尊重し、多様な経験や価値観を持つ人材の獲得をめざす。「選択型エントリー」「通年インターンシップ」の2つの選択肢があり、1年生から応募可能。いずれかを通過した学生には、年3回実施する同社社員参加の「ネスレチャレンジプログラム」を受講する権利「ネスレパス」が付与される。…

この記事の全文は、労働新聞電子版会員様のみご覧いただけます。

労働新聞電子版へログイン

労働新聞電子版は労働新聞購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

平成24年1月23日第2857号15面 掲載

あわせて読みたい

ページトップ