60歳以上を新たに採用 ネスレ日本

2018.02.05 【労働新聞】
  • TL
  • ツイート
  • シェア
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

  • コメント

 ネスレ日本㈱(兵庫県神戸市、高岡浩三代表取締役社長兼CEO、2500人)は、60歳以上の人材に焦点を絞った採用を開始した。他社で働いていた営業職やエンジニアなど、高い専門性を有する経験豊富なベテランを雇い、企業としてさらなる成長をめざす。

 「シニアスペシャリスト採用コース」として1月25日から募集し始めている。最長65歳まで働ける正社員と異なり、出勤日数などの労働条件を個別に決める契約社員として雇うため、定年は設けない。採用目標数は非公開だが、応募状況と社内のポストに応じて随時採用の判断をしていく。

関連キーワード:
平成30年2月5日第3147号3面 掲載

あわせて読みたい

ページトップ