採用説明会に休憩を シニア採用へセミナー開催 JFA

2018.03.27 【労働新聞】
  • TL
  • ツイート
  • シェア
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

  • コメント

 一般社団法人日本フランチャイズチェーン協会(=JFA、中山勇会長)は、日本産業ジェロントロジー協会の崎山みゆき代表理事を講師に招き、シニア人材の募集・採用に関するセミナーを開催した=写真。加齢による人の変化を心理・教育・経済・労働などの分野から研究する「ジェロントロジー(老年学)」の観点からポイントを解説している。

 たとえば採用説明会を開く際には、①休憩時間を設ける、②配布資料の文字を大きくする、③若者の高い声は聞き取りづらいこともあるので40~50歳代が話すのも一手――といったコツを紹介。「細かい字のネット上よりも、家で日常的に読んでいる新聞の折込みチラシなどが良い」と話し、求人広告を出す媒体の選択にも工夫が必要と指摘している。

平成30年3月26日第3154号3面 掲載

あわせて読みたい

ページトップ