スタートアップ対象に規制緩和 同友会が提言

2022.04.26 【労働新聞 ニュース】
  • TL
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

 経済同友会は「創業期を越えたスタートアップの飛躍的成長に向けて」と題する提言を取りまとめ、スタートアップ企業における多様で柔軟な働き方を実現するための労働規制緩和を訴えた。

 優秀な人材の活躍を促すため、一定の要件を満たした同企業に対する時間外労働の上限規制の適用除外と、個別契約による柔軟な労働契約の終了を可能とする法制度への見直しを求めている。

令和4年4月25日第3350号1面 掲載

あわせて読みたい

ページトップ
 

ご利用いただけない機能です


ご利用いただけません。