配偶者控除と在職老齢年金見直しを 同友会が提言

2016.10.26 【労働新聞】
  • TL
  • ツイート
  • シェア
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

  • コメント

 経済同友会は、「未来への希望を拓く税制改正」と題する報告をまとめ、配偶者控除の廃止、在職老齢年金の見直しなど、就労促進のための税制案を提言した。

 それによると、既婚女性の給与所得分布をみると、いずれの年齢層でも100万円付近が最も多く、勤労調整を行っている可能性があるとした。

 このため、配偶者控除(配偶者特別控除含む)を廃止して就労者の増加をめざすべきであると訴えた。廃止による税収約1兆円は子育て世代支援に充てていく。…

この記事の全文は、労働新聞電子版会員様のみご覧いただけます。

労働新聞電子版へログイン

労働新聞電子版は労働新聞購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

関連キーワード:
平成28年10月24日第3085号1面 掲載

あわせて読みたい

ページトップ