パートナーも福利厚生適用 MICが多様化策

2022.01.26 【労働新聞 ニュース】
  • TL
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

 マーケティングに関するサービス全般を提供しているMIC㈱(旧・水上印刷、河合克也代表取締役社長)は、同性および内縁パートナーを配偶者と扱い、慶弔見舞金や慶弔休暇を受給・取得できるように社内規定を見直した。今年1月の社名変更に伴い、多様な人材が将来にわたって安心して長く働ける環境を整備するのが狙い。

 同時に東京・新宿区の本社ビルと別館ビル1階にあるトイレを「だれでもトイレ」と位置付け、障害の有無や性別を問わず利用可能とした。

令和4年1月24日第3337号5面 掲載

あわせて読みたい

ページトップ
 

ご利用いただけない機能です


ご利用いただけません。