string(43) "/news/news_tag/%E3%82%B9%E3%83%9E%E3%83%9B/"
string(8) "news_tag"

『スマホ』の労働関連ニュース

2018.06.13【労働新聞】
全社員へスマホ貸与 テレワークなど導入 USENHD NEW

 ㈱USEN-NEXT HOLDINGS(東京都港区、宇野康秀代表取締役社長)は、時間・場所の概念を捨て、効率と結果を追求することなどを目的に、新人事制度を今月1日に導入した。働き方改革に資するアイデアを社員から募る企画も行っており、良い案は制度化する可能性がある。 新たに採り入れたのは、コアタイムやフレキシブルタイムを設けないスーパーフ……[続きを読む]

2018.05.28【労働新聞】
スマホで生産性向上 飲食業など向け事例集 厚労省

 厚生労働省は、飲食業や宿泊業など「生活衛生関係営業」における生産性向上の取組みをまとめた事例集を初めて作成した。中小企業・小規模企業の賃金引上げにつなげるのが狙い。スマートフォンで確認できる動画マニュアルを活用し、アルバイトを短期間で育成したケースなどを紹介している。 事例集では、中小企業等経営強化法に基づく「経営力向上計画」の認定を受……[続きを読む]

2018.03.28【労働新聞】
LINEで応募OK マクドナルドバイト採用 面接時履歴書不要に

 日本マクドナルド㈱(東京都新宿区、サラ・エル・カサノバ代表取締役社長兼CEO)はパート・アルバイトで働く従業員(クルー)確保対策として初めてスマートフォンアプリのLINEを活用する。新生活を開始する学生など、求職者が手軽に求人へ応募ができるよう環境を整えた。 応募手順は、同社が運用するクルー採用のための公式アカウントと「友だち」になるこ……[続きを読む]

2017.12.07【労働新聞】
クイズに挑戦し法令知識を習得 厚労省がアプリ

 厚生労働省は、就労経験が浅い若者や学生がクイズを通じて労働条件に関する法律知識を学べるスマートフォンアプリ「労働条件(RJ)パトロール!」を作成した。 アプリでは、キャラクターと一緒に労働環境に問題がある架空の会社をパトロールし、労働法令違反に該当するセリフをみつけ出すクイズに挑戦する。法令情報を閲覧したり、都道府県労働局や労働基準監督……[続きを読む]

2017.11.08【労働新聞】
サマンサタバサグループ アプリで採用情報発信 目にする機会増やす

内定辞退防止へラインも ㈱サマンサタバサジャパンリミテッド(東京都港区、寺田和正代表取締役社長、2295人)は、新卒採用に関する自社の情報を学生により読んでもらうことをめざし、2019年卒業予定者の採用活動から発信方法を冊子から専用のアプリケーションへ変更する。学生が情報を目にする機会を増やし、企業理解度の向上などにつなげたい考え。内定辞……[続きを読む]

年月アーカイブ

ページトップ