『スマホ』の労働関連ニュース

2019.05.14 【安全スタッフ】
スマホ用アプリで労働安全衛生学ぶ 中災防が公開

 中央労働災害防止協会は、労働災害防止対策などの基礎知識を手軽に学べるスマートフォン用アプリケーション教材「アプリで学習!労働安全衛生」(https://www.jisha.or.jp/order/jisha-app/)を開発・公開した。計100問を初級・中級・上級のレベルに分けており、無料でダウンロードして利用できる。  例えば、初級の……[続きを読む]

2019.04.23 【労働新聞】
労働災害防止へ教育アプリ公開 中災防

 中央労働災害防止協会は、労働災害防止対策などの基礎知識をクイズ形式で学べるスマートフォン用アプリケーション教材「アプリで学習!労働安全衛生」を開発した。無料でダウンロードし、利用できる。  アプリでは、作業時の心構えや必要な対応、安全衛生管理体制、関係法令知識などについて、初級・中級・上級のレベル別に計100問を掲載。回答に対する正否判……[続きを読む]

2019.02.21 【労働新聞】
スマホやPC貸与 時間外利用禁止は徹底 ライフ

 スーパーマーケットチェーンの㈱ライフコーポレーション(大阪府大阪市、岩崎高治代表取締役社長兼COO)は、スマートフォンをはじめとするIT機器を社員に貸与して、業務効率化を図る取組みを開始した。出先で働ける環境を整える。懸念される就業時間外に業務を行うことへの対応としては、「時間外は使わない」というルールを周知徹底する方針。  スマホは本……[続きを読む]

2018.06.26 【労働新聞】
「自撮り動画」を活用 企業理念の理解度重視 ジャパネットHD・中途採用一新

 ㈱ジャパネットホールディングス(長崎県佐世保市、高田旭人代表取締役社長兼CEO)は、今月から中途採用のシステムを一新した。1次選考前に実施していた学歴や経歴を確認する書類選考を取りやめ、応募者が自らの想いを語る「自撮り動画」の投稿に切り替えている。採用専用サイトもリニューアルした。 企業理念を理解・共感している人材を増やしたいとの考えが……[続きを読む]

2018.06.13 【労働新聞】
全社員へスマホ貸与 テレワークなど導入 USENHD

 ㈱USEN-NEXT HOLDINGS(東京都港区、宇野康秀代表取締役社長)は、時間・場所の概念を捨て、効率と結果を追求することなどを目的に、新人事制度を今月1日に導入した。働き方改革に資するアイデアを社員から募る企画も行っており、良い案は制度化する可能性がある。 新たに採り入れたのは、コアタイムやフレキシブルタイムを設けないスーパーフ……[続きを読む]

年月アーカイブ

ページトップ